値動きを科学し、相場を究める。

ロジック

  • HOME »
  • ロジック

ロジックについて

 

私のエントリー手法は、逆張りと云われております。

自分では、逆張りとは思っておらず、寧ろ順張りだと思っているのですが、

世間一般の方からは、逆張りに感じる方が多いようです。

 

何故か?

 

その日の分岐点に向かって落ちていくところを、買い仕込み。

上がっていくところを売り仕込みをすることが多いからです。

 

これは、その日の分岐点を捉えている(事前に把握している)ことに

他なりません。

そして、このことが、トレードに於いて最も重要なこととなってきます。

 

要するに、その日の分岐点さえ分かっていれば、

「逆張りほどリスクが小さいエントリーはない」ということです。

 

相場に絶対はないですが、万一逆行した場合、

反対売買(ドテン)をすれば、ロスカット幅の倍~数倍のゲインが望めますし、

少なく見積もっても、マイナス部分はリカバリーできるということです。

 

これだけですと、

「なんだ。ただの逆張りと同じじゃないか!」

と感じる方もいらっしゃるかもしれませんので、少し付け加えておきます。

 

分岐点、即ち「基軸となるプライス」

相場というものは、日々このプライスを基準に、上げ下げを繰り返しているだけなので

分岐点より低い位置(価格)から買い上げられ

分岐点を超えない、それより上には行かないという根拠がでた時点で、売り仕込み。

超える(上値を追う)根拠が出れば、素直に買いでエントリー。

 

逆も然り。

 

分岐点より、高い位置から売られ

分岐点を割ってこない、それより下には行かないという根拠が出れば、買い。

これが、「逆張り=落ちるナイフを拾う行為」と云われていますが、

下に行かない根拠が出ているので、底から買うということになります。

当然ながら、分岐点を割る(下値を探る)根拠が出れば、売りで追随。

 

以上のことから、逆張りではなく・・・

「予測と根拠」を常に考え、「戦うべきところ」で戦っているだけです。

 

勝てていない方に申し上げると、

勝てないのは、「戦う価値がないところ」で戦っていることに他なりません。

 

「戦う価値がないところ」

これが正に、世間一般で意識されている所やオシレーターが暗示している箇所が大半です。

現物株でもない限り、そもそも買われ過ぎや売られ過ぎなど存在しない。

勿論、高いも安いもない。

 

なので、私のロジックは「逆張り」ではなく、

「異質な発想」をしているだけかもしれませんね。

 

PAGETOP
Copyright © 値動きを科学する All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.