FX・先物トレードを始めたきっかけ その15

ハワイ島で噴火がありましたね・・・

この夏、ハワイ島予定しているので、あんまり派手に噴火はやめてほしいんですが・・ (-“-)

 

ではでは早速、その14の続き

 

イギリス 国民選挙の日に完全勝利をし、

預かった資金が約3ヶ月で年間の利回り達成・・。

どうしようか悩んだ・・。

 

15%で約束している利回りが現時点で倍以上の35%を達成している・・ 

まだ9ヶ月あるけどどうしようか数日考えた・・。

 

利回り40%達成も十分可能な状況であったが、辞めた。

 

理由→ 

面倒くさいし色々大変。 以上

 

他人様の資金を預かると、自分のトレードに割く時間が削られ

想像以上に自己犠牲が発生するからだ。

 

それがイヤだった。 

 

現況報告含め、正直に出資者に連絡をした。

普通は連絡するものでもないが、何の後ろ盾もない私に運用を任せてくれたことへの敬意もある。

 

私→

現在の時点で、既に年率15%相当の利益が確保できており、いつでも配当できる状態ですが・・・

契約上は1年後に配当となっていますが、如何いたしましょうか? 

 

出資者→

元本は残して、利益の15%部分で再投資みたいな感じでお願いできる?

 

私→ 

えっ? あっはいわかりました。 

心の中では、やっぱりと思っていた・・。 いかにも投資家らしい。

 

 

また、運用の日々が続いた、

何が大変って注文が忙しいのだ。

 

当然ながら自分の口座と運用口座にわけていたので、2つ同時に注文する必要がある。

 

私にはAIなど持ち合わせていないので、どちらかが必然的に数秒遅れる・・・

 

※昔はクライアントの口座は買いエントリー、自分の個人口座で売りエントリーするという悪徳ディーラーも居たようですね。

 

キーボードに穴あくんじゃないかってぐらい、Enterボタンを連打している時もあった 笑

 

今でこそ言える話だが、慌てすぎて売りと買いを間違えてエントリーした日もあり(-_-;)

 

そろそろ決済だな~♪ と・・・ (当然勝ったと思い込んでいる)

 

決済画面を見たら・・  -110円 (-“-) 

 

売ってたつもりが買っている。

 

NOOOOOOOOOOOO!!

 

あのショックは半端なかった。

 

そういう時、どうするか・・・・

 

簡単だ。 

 

とり返しに行く。

 

ではない。

 

とりあえず、ふて寝 zzzzzzzz  猫のように、ふて寝。

 

寝ると少しスッキリするからさって自分に言い訳をしながら。

 

色々エピソードも書きましたが、契約満了日の1ヶ月前に連絡をした。

 

あと1ヶ月ありますが、

15%+8%=23%の配当で・・・ 経緯や内訳を説明。

 

納得していただいた。

 

私の手数料は言わないでおく 笑  

3ヶ月で利回り35%達成しているので、計算すれば・・おおよその検討がつくと思います。

 

無事、満期日にお支払いを済ませた数日後、ランチでも行こうと連絡があった。

 

2人で乾杯をし、色々お話しを聞いていると、若かりし頃は証券マンをされていたそうだ。

 

成績は優秀な部類であったようだが・・・

ノルマ達成の日々に追われ、家庭も犠牲にしてまでノルマノルマ・・

妻とも離婚になり、精神的にも肉体的にも追い込まれ、自主退職をしたそうだ。

 

そんな経緯から、トレードやディーリングで食べている連中を見ると、

逆に尊敬すると仰っていただいた。

 

日本ではただの個人事業主にすぎないデイトレーダーにとっては有難いお言葉だ。

 

次回、いよいよ最終回! (テレビ番組か笑)

Follow me!