投資詐欺にあった友人の話 続編!

昨日のブログの続きです。

 

今朝早くから、また東南アジアに住む友人からメッセージがあった。

ドバイ在住の日本人の方も相当騙されているみたいだと。

 

アドレス教えるから、カハラ君聞いてあげてとのことだった。

私が聞いても何かできるわけではないが、友人は今日明日と忙しく

メールのやりとりができないので、代わり詳しくに聞いてとのことだった。

 

今日はトレード休みでしょう? と    オイオイ・・ それは余計。

 

とりあえずメールをしてみた。。 

数分後、すぐに返信があった。

 

友人の説明通り、相当な額のお金を持ち逃げされた様子である。

 

より詳しくお聞かせいただくことにした。

 

昨日のブログに登場した詐欺師が

投資ファンドをやりたいと言うから

オフィス兼用として、都内に高級マンションの一室を借りてあげ、

必要な備品も買い与え、そしてさらに、運用資金も提供したと・・。

 

損失額は大体想像がついたし、いきなり聞くのも失礼かと思ったのでやめておいた。

 

そして、投資ファンドを設立することもなく、当然運用もすることなく・・

 

資金提供をしてから数ヶ月経っても連絡がないので、問い合わせても応答なし。

メールしても国際電話しても反応なし。

仕方がないので、不動産屋に事情を説明し、提供したマンションの一室を

日本の知人に伺わせたところもぬけの殻。

 

買い与えたPCなども全部持ち出している。

しかし、食材などは残っており生活をしていた痕跡はあったようだ。

 

逃げやがったと、相当怒っておられる。

お金より、人としての行動が許せないと。

 

何も逃げる必要はない。正直に話せばこちらも対策を考えるし、稼ぐ方法だって

いくつかは提案してあげられるとのことだった。

 

仰る通りだ。 逃げる理由がわからない。

 

出資した方々は、それなりに理解をした上で出資しているし、資金提供もしている。

 

生活が苦しいなら苦しいと言えば良い。

 

借金が膨らんでどうしようもないなら、それはそれで仕方がない。

 

皆で知恵を出し合い、打開策も考えることができる。

 

一発逆転とはならなくても、数年かけて復活すれば良い。

 

お金を借りたり、出資を募うことが悪いことではない。

遅れても、何年かかってもキッチリ返す。 

期日通り返せない理由をちゃんと説明する。

こうやって信用ができていくと思う。 そのはず。

下品な言い方だが、キッチリ返せばまた借りることもできる。

.

この人はちゃんと返すって信用がついてるんだから・・。

 

それを、ありとあらゆる方を騙し、最後は友人までを騙し・・・雲隠れ。

教養もクソもない奴だと思った。

 

騙されている人がどんどん出てきている様子である。

ざっくり計算しただけで億以上を騙している。

 

昨日の時点では3300万円だったのに、一晩で億超え 苦笑

 

トンデモ野郎・・。

世界を股にかけた詐欺師とでも云おうか(-_-;)

このような輩には2度と話せなくなるように、この処刑方法を・・・。

 

いずれ、何方かが被害届を提出するであろうし、そのうち捕まるとは思うが・・。

こんな後ろ向きな話は今日で最後にしたいと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です