前回の記事で

 

・エントリーポイントの重要性

 

・初動に乗る

 

これが重要と書きましたが、そのことについて少し・・・。

 

まず、「エントリーポイントの重要性」ですが

 

例えば、よくありがちな、直近高値を超えてきた

 

または安値を下回ってきたという理由でエントリー。 

 
買いの場合・・・
 
「直近高値を超えてきた。ボリンジャーも上目線! これは一旦は上(買い・ロング)だ!」
 
直後に下落開始・・・。
 
「アレ?何か押してきた。 でも下げを嫌がる動きに見えるから、これは押し目だ!」
 
下げの初動を押し目と勘違い。
 
「あれ? なんで? オカシイ。 これは騙しに引っ掛かった。」
 
こういったことがよくあると思います。
 
こうなる理由は、少なくとも直近安値高値やオシレーターの示すサイン(エントリー箇所)は殆ど
意識されていないということです。
 
特にオシレーターなどは、相場の値動きを後付けで解説するときには持って来い!というだけです。
 
一時的に止めたり、ごく僅かな反発をして、一瞬は機能しているように見えますが、
実際は大衆が反応して買った売ったで、一旦止まったように見えているだけでです。
 

上記のことから私のエントリーポイントは、

 

過去の記事からもわかるように、

世間では全く意識されていない且つ、オシレーターも何も関係ない場所を

 

ポイント(分岐点)としてポジションをとり、利食い箇所やその日の高値安値まで見極めています。

また、天井当てゲームや底当てゲームをするべきではないとか、無駄という理論が

 

世間では常識とされてますが・・・

 

ある程度のイメージぐらいはしておかないと

 

どこでロスカットして、どこで利食いするんという根拠が曖昧に

 

なってくると思います。

 

単なる、さじ加減のトレードになってしまいます。

 

要は、エントリーポイントを的確に捉えることが出来れば、

 

少なくとも、負けることが格段に少なくなり

 

勝率が自ずと上がってくるということです。

 

そのためには、今まで勝つことが出来なかったロジックや手法に固執せず、

 

断捨離して、次いってみよう!といった発想も必要かと思います。

 

 

相場=金融戦争

 

奇襲攻撃・略奪、そんな場に足を踏み入れているわけですから、

 

騙し騙しだと言い訳するべきではありません。

 

誰が戦争で、自軍の手の内明かすのよ・・・。

 

仮にオシレーターがそこまで有効だったら、バレバレじゃん・・・。

 

騙されないように、踊らされないように、

 

刻一刻と変わる戦況を冷静に判断し、強い方に乗る。

 

そのために、その日の分岐点を見極めエントリーすることが大事と

 

いったところです。

 

では、少し長くなってしましたので、

 

「初動に乗る」は、また次回書かせていただきます。

 

 

 

マレーシアに行った時によく見かける猫です。
セブンイレブンのイートスペースで。
基本、何しても起きません(笑) 

Follow me!