到着。 帰還しましたっ!

こんばんは。

 

無事、金融の戦場より帰還しました(笑)

 

あくまで、お手伝いという形で行ってるだけなのですけどね。

 

ドップリ浸かると、帰れなくなるからイヤ、自由もなくなるので。

 

エリートも目指してないし口笛

 

 

以下、オチなし、ヤマなし、なんもなしの記事ですが、

 

読んでいただける方はどうぞ。

 

 

シンガポールでの、エピソードは?と聞かれることもありますが・・・

 

職業柄、思いっきり個人情報や、機密情報に触れることになることが

 

多いのでブログでは、くだらないエピソードしか提供できません。

 

ただ、お答え出来る範疇で申しますと、

 

一時的にでも、シンガに赴任した理由は、

 

全くの自然体というか、志も大して高くない私に

 

オファーがあったので、出来る範囲内で、

 

現地に出向いてやろうと思っただけです。

 

ただ、それでけです。

 

 

業界が業界だけに、無理にギラギラしている人は

 

沢山いますけどねグラサン

 

 

でも逆に、ギラつかずに、お金の雰囲気を消す方が

 

良いと思うんだけどなぁ。と感じています。

 

実際、ケタ違いの人ほど普通ですしね。

 

収入額も自慢したりはしない。

(言ったところで、意味がない)

 

相手が誰であれ、偉そうにもしない。

 

 

シンガポールでお会いした、超絶富裕層の奥様・・・・・。

 

自宅に招かれて、オイオイここはアップルストアか!

 

といった感じの外観びっくり

 

しかし、普段はというと、

 

スッピン、ヨレヨレのTシャツ、煙草ぷかぷか。

 

一切、富裕層とは気づかない(笑)

 

そして大体、昼間からビール・・・。

 

ただ、人との接し方には、すごく品があるのも事実。

 

↑ な感じでも、全く下品な印象は与えない。

 

 

正直、服装に関しては、もうちょいマシな感じで居てくれる?

 

と思う時もありますけど(笑)

 

でも、何というかこの、

 

お金の気配を消すというのも、富裕層になった人が気づいて

 

身に着けるワザであり、処世術なんだろうなと改めて思った次第です。

 

何か、私にしては、真面目な記事となりました。

 

もう歳なのか・・・ 

 

移動日は疲れて、「オチ」が思いつきませんので、ご了承ください。

 

あ~20代に戻りたい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!