金曜日(5/31)の相場について

今日も色々と励ましのメールいただき有難うございます。

 

いつまでも引きずるタイプではないと思いますので、また明日から頑張ります。

 

お気遣い、本当に感謝申し上げますほっこり

 

 

で・・・   本題にはいります!

 

金曜日に、下値目途割れ 気つけや~!という記事を書かせていただきましたが・・・

 

下値を拾う(ロングを検討する)方が、見受けられましたので、復習の意味も兼ねて少しだけ。

 

(以前に、受講生向けと称して書かせていただきましたが)

 

 

上値目途超えの場合、上値目途を基準としたラインから2本分上げる。

 

下値目途割れの場合、下値目途を基準としたラインから2本分下げる。

 

 

ということです。

(即ち、1本上げた箇所からは売るな。下げた箇所からは買うな)

 

下げの場合を例えにすると、

ライン2本分下げて、

 

その、2本下のラインを割ってきたら

また2本下げるということです。

(逆も然り)

 

ですので、金曜日ナイトセッションにおいて、

明確な買いの場所はなかったということになります。

 

結果的に、NYタイム前半で、切り返してはきましたが、

僅かな切り返しを期待して買うべきではない。

 

本格的な戻りは、下値目途(20610)を超えてきてからです。

 

絶対に買うな! というわけではありませんが、

 

買うのであれば、リスクリワードの観点からも

 

少なくともザラ場である程度の利益を確保しておいて、

 

それをアドバンテージに入るべきです。

 

スイングトレードをされる方であれば、

 

ナイト底値20380付近を割れないと腹を括り、ロスカット幅をワイドに設定して、

 

買うこともありかもしれません。

 

しかし、私が行っていることは、デイトレードです。

 

態々、リスクの高いエントリーを検討するよりも、

 

まず負けないことを重視して、コツコツから始めることです。

 

ただでさえ、資金効率に優れる日経225先物相場。

 

焦らなくても、利益はついてきます。

 

では! また月曜日から元気に頑張りましょうニコニコ

 

 

 

☄値動きを科学する☄  HP新しくなりました!

 

http://wealth-kahala.xyz/

 

FX・日経225HP / 講座案内 / お問い合わせ 

Follow me!